仮想通貨のトークン
Posted in プロジェクトと活動

仮想通貨と環境保護

現在多くの人が仮想通貨を利用するようになり、またその根幹技術であるブロックチェーンは、仮想通貨以外の多くの分野で利用されています。そんな仮想通貨は、実は環境保護にも利用されています。

可能性の宝庫、仮想通貨

ブロックチェーン技術を利用したトークンの発行によって、環境配慮アクションを推進しようという動きがあります。トークンを環境保護活動の対価にするという話です。そもそも仮想通貨は、貨幣や紙幣がありません。それだけで多くのCO2の削減となっています。仮想通貨はまだまだ利便性の向上の見込みがあるので、今後の可能性は無限大。いまから仮想通貨のことをしっかりと学び使いこなすに越したことはないのかもしれません。

スマートフォンを笑顔で眺める女性-1

仮想通貨が使えるところ

仮想通貨は主に以下のようなところで使えます。

①飲食店

これは主に東京などの都心部を中心に、仮想通貨での支払いが可能な店舗がどんどん増えています。

②不動産業者

一部の不動産業者では仮想通貨での支払いが可能なところもあります。まだまだ一般的ではないようですが、不動産業者や物件によって使えるようです。

③オンラインショッピング

今では仮想通貨取引専用のショッピングサイトもあるほど、仮想通貨での支払い可能なオンラインショッピングサイトが数多く存在します。

④オンラインカジノ

オンラインカジノでの決済はほとんどの場合仮想通貨での決済が可能です。また対応している仮想通貨の種類も多くユーザーにとても好評な決済方法です。

仮想通貨を実際に使ってみよう

仮想通貨の便利さを体験するには、特にオンラインカジノがおすすめです。遊んでみればわかりますが、登録もゲームを楽しむのも、そして大当たりした配当を換金するのも、全てデータ上の取引で終わらせることができるのです。そのうえ仮想通貨を使うと、入金出金の反映時間もスピーディーです。時間の削減にも仮想通貨は適しています。仮想通貨の可能性はとどまることを知りません。

大金を手にして喜んでいる男性-1

オンラインカジノで使える仮想通貨

オンラインカジノで使える仮想通貨は数多くあります。

例えばCasino.meではビットコイン、ライトコイン、イーサリアム、リップル、テザー、USDコイン、ダイ、ビサリアム、ビットコインキャッシュなどが使えて、ほとんどの場合は数分以内に入金が完了します。そしてカジノのプレイを楽しんで、もし大勝利をしたらもちろん出金もできるのです。出金もペイメントチームで取引処理後即座に行われるので、その快適さに驚くことでしょう。

今では使えるところも多く便利な仮想通貨。それで環境保護に繋がるのであれば使わない手はないですよね。一度Casino.meでその使いやすさを実感したのち、さまざまなところで仮想通貨を利用してみるのも良いかもしれません。

Last updated on: May 21, 2024

Posted in プロジェクトと活動

企業の環境保護活動

以前と違い現在の日本企業は、その環境保護意識を高めつつあります。SDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)といった言葉が飛び交うようになり、またパリ協定で取り決められた新たな国際的な枠組みに日本が貢献するためにも、日本企業の積極的な環境保護活動へのコミットが必要となったからです。

環境保全協定とは

実は工場などの生産者が取り交わす、環境保全協定というものも存在しています。工場はかつて多くの公害病などを引き起こしたこともあり、自治体、地元住民などとこの環境保全協定を結ぶことで、そのような過ちを繰り返さないように相互努力をおこなっているのです。

もちろんそれ以外にも多くの規制などを国が企業におこなっており、たとえば自然環境保全法によって自然環境保全地域を指定することで、企業に対する事業や行為の規制をおこない、環境保全のための対策を講じているのです。

Posted in プロジェクトと活動

ロータリー

あなたはロータリーという団体をご存知でしょうか?シカゴで創設されたこの団体は、社会奉仕活動や人道的活動をおこなう団体で、既に100年以上活動を継続しています。そして現在その活動範囲は海を渡り、世界各地で活動をおこなっているのです。

ロータリーの環境保護活動

そんなロータリーは、環境保護活動にも力を入れています。たとえば、スイスではプラスチックごみ問題に取り組み、水路からプラスチックごみを除去する活動をおこなっています。また、プラスチックごみの適切な処分方法の啓蒙なども、企業に対しておこなっているとのことです。

またブラジルにおいては、ごみの仕分けと加工能力を高める補助金プロジェクトを開始し、資源のリサイクルに関わる活動をおこなっています。この活動によって、ごみのリサイクル率の低かったカンポ・モウランという地域では、その数値が著しく改善したとのことです。